« ネタがないので届いたものを | トップページ | ドラスレは何個あっても困らないよ! »

2014年8月31日 (日)

ミニチュアお手軽塗装のススメ

ディセント第二版日本語版の拡張にネレクホールの影が無事加わりました。

それ以外には本家専売ですが(OLなしの全員英雄)協力型サプリが出たりと、 個人的見解では大いに賑わってるミニチュアボードゲーム界隈です。
これとは別に、国産(高円寺産)の協力型ボードゲーム DORASURE -ドラスレ- も増産即完売が続くなど、やっぱり波に乗っている気がしております。

実際にググりますとSNS等にもプレイ中や紹介の画像がぼちぼち確認できます。
今回はその画像の中で個人的に気になった事に対するものです。

まぁ、気になったのは割とミニチュアがそのままということ。
ゲームは楽しいが、なんだか淋しい。

別にどうにかしてほしいわけでもないですが、
要するに簡単だからこっち(の塗装沼)においでよ、という話です。

ボードゲームではないミニチュアゲームにあるようなフルペイントをいきなりする必要もないのです。

まずは一色決め打ちで影とハイライトを追加するだけで元から格好良かったミニチュアが倍以上いけてるようになることは間違いなし。
元から彫りが深めの物でもよりメリハリが効いてパッキリしてくれます。凹んだところをより暗く、出っ張ったところをより明るくするだけで、見栄えが大分かわるのです。

単色決め打ちのこのやり方は、私が始めて実際に塗装をした方法でもあるのですが、今回ディセント用のモンスター駒を塗装する機会があったので、その経過をのこしてみました。

ディセントのコマは赤白プラ製のミニチュアで、赤がボス、白が雑魚(ミニオン)と決められています。その雑魚コマを私は割り切って単色(赤青緑黄)塗装としてます。
早速塗る前のプラの状態を撮り忘れましたが、ググると出てくるのが大体それなのでそちらをみてください。

基本色ベタ塗り


手順は簡単で、塗装下地にも使える色付きのベースカラーを一気にモデルに噴いてしまいます。

スプレーでいっぺんにやってしまうのが一番手っ取り早いですが、ないときはとにかく元の素材が見えなくなるまで1色で塗りつぶしていただければいいです。

今回は同じ雑魚が三体までなので、赤青緑。



適度に噴いた物が乾いたら、吹き漏らしを同じ色で再度噴くか、筆で塗りつけて樹脂面を完全に見えなくしてしまいます。とにかく素材がみえなくなればいいです。

深いところのトーンを落とす


そしてまたある程度乾いたら、明度を落とすトーンやシェイドと呼ばれる塗料があるのでこれを色別に塗りつけます。メーカー別に名前が違ったりりますが、要するにしゃばしゃばになるまで薄めた塗料です。しゃばしゃばなので、全面に色が乗ると言うよりは、へこみに溜まったところにいい感じの影ができてくれます。凹みを暗くするのです。



明暗をはっきりさせたいので多くぶちまけるのが良いですが、大きな水滴レベルまで残ると塗料が目立つ跡をつくったりするので余計な塗料を筆で吸い取りながら乾燥するのを待ちます。


ここはしっかり乾かしておきましょう。

次にこするので。

落とした分出っ張ったところを明るくする


しゃばしゃば塗料のトーンかシェイドでしっかり、影ができたのを確認できたら、今度は色別にハイライトの色を定め(同じ系統で明るい色)、ウェットかドライブラシを入れてしまいます。ウェットかドライブラシというのは塗料が筆にべったりついていない、含まれていない状態でこすりつけ出っ張りに色を乗せる作業です。



ここでぐわっと凸部分が明るく立ち上がるので、いい感じになってくれます。
ベースの色とトーンかシェイドの塗料さえしっかり押さえていれば、気に入らないところは上塗りでどうとでもできるので、慣れるまでガシガシやってみましょう。数回やり直すくらいでモールドが潰れるほど塗膜が厚くなることもそうそうないので、納得できなければ部分的か全体的に工程をもどしていただいていいかとおもいます。

後はベースに砂をまいたりして地面をデコレートするのもよいですが、このままでも結構使えます。

待つのは実際乾燥だけなので、慣れるとかなりの大量生産が可能です。
ディセント基本から拡張二つまでの雑魚はこの方法で持ち込み、大体即日どうにかなりました。

これなら極端な話、一系統なら塗料三本(下地・シェイド・ドライ)と筆でさえあれば実現可能です。

ドラスレの駒も一色でよいので、塗り切ってみてはいかがでしょうか。
メタルそのものが好きな人もいるので、勿論それぞれの好みによるところではありますがね。

ではまた。

|

« ネタがないので届いたものを | トップページ | ドラスレは何個あっても困らないよ! »

ゲェム(卓上/ボードゲーム)」カテゴリの記事

Descent 2nd Edition :ディセント第二版」カテゴリの記事

Paint :塗装/モデリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミニチュアお手軽塗装のススメ:

« ネタがないので届いたものを | トップページ | ドラスレは何個あっても困らないよ! »